Amazon Prime Video は豊富なコンテンツでお得!

2013年11月18日

白い服の男 (新潮文庫) 著:星 新一

[PR]
平和を維持するために、戦争という概念そのものの抹消を図り、その概念に触れただけで徹底的に弾圧されるという世界を描いている。

白い服の男 (新潮文庫)
著:星 新一
価格:\452
ASIN:4101098123
2013/11/18 現在


舞台は20世紀末に世界大戦が起こった後の世界。白い制服を着用する主人公の男は特殊警察機構89605分署の署長。特殊警察機構は一般警察が担当する仕事には一切口出しせず、戦争(作中ではその言葉を恐ろしがって誰もが「セ」としか言わない)という概念を唱える人間を取り締まっている。盗聴はごく当たり前に行われ、密告が奨励されている。特殊警察に捕らえられた者は拷問により取り調べられた後、「人類の敵」として公開処刑される。 また、閉鎖図書館と呼ばれる図書館があり、過去の文書、書籍や新聞等からは過去の戦争の存在自体を抹消すべく、巧妙に記述を書き換えたり、『西部戦線異状なし』、『裸者と死者』、『三国志』、『風と共に去りぬ』のような戦争物の小説は焼却処分にしたりしている。それ以外にも、古戦場から弾丸等の戦争の遺物を処分したり、城跡については「かつて流行したゲームの会場」だったことにしてそのゲームのルールを新しく作り上げるなど、徹底して戦争の存在に関する証拠の抹消を図っているのである。 主人公は特殊警察機構の一員であるため、改竄される前の歴史を知っている。男は軍備を縮小すれば、あるいは心構えさえできていれば、戦争を防げるという過去の人々の考えを批判し、気ちがいと呼ぶ。



トレンドニュースランキング

Amazon「健康・美容」の今日のベストセラー
スキンケア・基礎化粧品
ヘアケア・スタイリング
ボディケア
メイク・ネイル
香水
アロマ・お香
男性化粧品

 

posted by wanted at 14:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonビジネス(無料)で、事務の仕事を軽減!!

トレンドニュースランキング