Amazon Prime Video は豊富なコンテンツでお得!

2019年01月25日

木皿泉

[PR]
2019年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)『愛なき世界』三浦しをん(中央公論新社)『ある男』平野啓一郎(文藝春秋)『さざなみのよる』木皿泉(河出書房新社)『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ(文藝春秋)『熱帯』森見登美彦(文藝春秋)『ひと』小野寺史宜(祥伝社)『ひとつむぎの手』知念実希人(新潮社)『火のないところに煙は』芦沢央(新潮社)『フーガはユーガ』伊坂幸太郎(実業之日本社)『ベルリンは晴れているか』深緑野分(筑摩書房)とのこと。(*゚ー゚)
木皿 泉(きざら いずみ)は、日本の脚本家和泉 務(いずみ つとむ)と妻鹿 年季子(めが ときこ)夫妻の共作ペンネームである代表作はテレビドラマ『すいか』、『野ブタをプロデュース』、『セクシーボイスアンドロボ』、『Q10』など神戸市中央区在住和泉 務(1952年 - 、兵庫県神戸市出身、男性)は当初漫才・構成作家としてライターデビュー妻鹿 年季子(1957年 - 、兵庫県西宮市出身、女性)は京都精華短期大学美術科染織コース卒業後、商社勤務を経てシナリオライターとなる(当時のペンネームは本名の妻鹿年季子)。wikipediaより

木皿泉」でTwitter検索

2019/01/24 19:06
@yamaneko224
@uDafbkZTJQeEF9L 前に三浦しをんと瀬尾まいこは読んだ。木皿泉が気になる。明日残ってたら借りる予定。
木皿泉『さざなみのよる』読んだ。本屋大賞ノミネート作。そこに人がいるという実感が確かにあって、じんわりくるページも多々あった。でも読み終わって数時間経った今、余韻はあまり残っていない。もっと強烈なやつが読みたい。 https://t.co/qvwrMCDmTO
2019/01/24 18:25
@patako1983
本屋大賞のノミネート作品が発表になったので、今日は病院のあと本屋巡りをしてきたんだけど、どこも特にコーナーとか無くって、なんかガッカリ。私は俄然、木皿泉の「さざなみのよる」推し!...って本屋じゃ無いけど。。。
2019/01/24 17:05
@currypanjp
気になる記事をご紹介 2019年本屋大賞ノミネート決定!木皿泉の小説第2作『さざなみのよる』 - ニコニコニュース https://t.co/JHkScOsmrI
2019/01/24 14:00
@LunaUeuekei
RT @Kawade_shobo: 2019年本屋大賞に木皿泉『さざなみのよる』がノミネート | トピックス | 河出書房新社 https://t.co/wU9wXq3zMo
2019/01/24 12:33
@maaami0731
木皿泉『さざなみのよる』ナスミ、享年43歳。彼女の死からさざなみのように広がっていくドラマを描く連作短編集。あっけらかんと温かい「死」の物語は、今を生き、死にゆく私達をゆるりと包んでくれる人間賛歌に思えた。人生は図… https://t.co/ZiSV6WcDYy
2019/01/24 12:00
@krewrap_usagi
@ma_sa0000 しかも木皿泉!
2019/01/24 08:37
@sabanobicchi
本屋大賞にノミネートされてる本が、あたりまえなんだろうけどどれもおもしろそう。伊坂幸太郎の『フーガはユーガ』、三浦しをんの『愛なき世界』木皿泉の『さざなみのよる』が特に気になる。
木皿泉さん「Q10」の文庫本が出るみたい早速予約してしまいました。https://t.co/K60Ih1j3kq
2019/01/24 08:00
@rough_kindle
RT @rough_kindle: 「さざなみのよる」木皿泉 (著)小国ナスミ、享年43歳。息をひきとった瞬間から、その死は湖に落ちた雫の波紋のように、家族や友人、知人へと広がっていく。命のまばゆいきらめきを描く著者5年ぶりの感動と祝福の物語! https://t.co
『本屋大賞』候補に木皿泉、森見登美彦、三浦しをん、伊坂幸太郎らの10作品 https://t.co/J7cyLUvzYR @CINRANETから
2019/01/24 06:21
@yijnbhu12jk
昨夜のカレー、明日のパン(木皿 泉 )・・・・・あたたかい気持ちになれる本です→ https://t.co/dGPds1zhqG @さんから
2019/01/24 05:33
@genshijoker
『Q10』は〈愛〉という(これまで木皿泉が反復してきた)解放の呪文が、世界をも解放し得るのかを問う物語でもあった、と言えるだろう。そして、この解放の呪文が、〈愛〉の可能性が世界に作用するための鍵として最後に提示されたのは、まだ見ぬ未来の、数百万人の他者への想像力だった。
2019/01/24 00:33
@genshijoker
【すうねるところ】木皿泉の世界における〈信じる〉ことと〈諦める〉ことはここで――〈愛〉という概念で結ばれていく。だからこそ、木皿泉の物語は常に出会いではなく別離の物語であり、いかにして手をつなぐかではなくいかにして手を離すかが描か… https://t.co/35Hqe2yNuZ
【昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫)/木皿 泉】人は変わる。ゆるやかに変わっていく。時間の流れに乗って、それは仕方ないことではあるけれども、怖いことばかりじゃない。やがて私たちは死ぬ。それ… → https://t.co/gyCRy5tQ17 #bookmeter
2019/01/24 00:05
@currypanjp
気になる記事をご紹介 2019年本屋大賞ノミネート決定!木皿泉の小説第2作『さざなみのよる』 - ニコニコニュース https://t.co/JHkScOJXQi
木皿泉さんの『さざなみのよる』がノミネートされてて嬉しい! https://t.co/43GjJgBIms
2019/01/23 22:20
@rough_kindle
「さざなみのよる」木皿泉 (著)小国ナスミ、享年43歳。息をひきとった瞬間から、その死は湖に落ちた雫の波紋のように、家族や友人、知人へと広がっていく。命のまばゆいきらめきを描く著者5年ぶりの感動と祝福の物語! https://t.co/fNBzaHmk3I
2019/01/23 18:55
@uraken0710
きっと一生好き、って思ってる人たちが三人。知念実希人さん、瀬尾まいこさん、木皿泉さんは全作品読むって決めた人たち。三浦しをんさん、伊坂幸太郎さんは個人的に当たり外れが…。読んだことない人もいるので、日々勉強。 https://t.co/7tflGMr4Dm
RT @kokorobiyou: 2019年本屋大賞ノミネート10作!『さざなみのよる』木皿泉https://t.co/zvFPcRwFbX
さざなみのよるがスキ。木皿泉がスキ。
2019/01/23 16:45
@kohakoha77
わーい!文庫本に📙✨(*´艸`)Q10 1 :木皿 泉|河出書房新社 https://t.co/GqDSuSeGiN
【Q10 2】 木皿 泉 Q10の秘密を知り、彼女のリセットボタンを押した平太は連れ去られたQ10にもう一度会いたいと願うが―― ⇒  https://t.co/mEAwv0IsUL
2019/01/23 15:48
@hear_happy1025
たくさんの人に「考え過ぎ」って言われる。親にも、友だちにも、推しにも。でも、考えることをやめたらもうそこで終わり。「死ぬほど考えるの。それが後悔しないたった1つのやり方よ。」木皿泉ワールドでも出てくる。後悔したくないことは、死ぬほど考える。死ぬまで考える。
2019/01/23 15:44
@kasumi_sou_
木皿泉さんの新刊の帯に、ナスミと書かれていてもしかして?と思ったら、富士ファミリーの言葉が本文に載っている。やはり関連性してるのかな?#富士ファミリー#さざなみのよる
2019/01/23 13:40
@EventCastNet
『本屋大賞』候補に木皿泉、森見登美彦、三浦しをん、伊坂幸太郎らの10作品(https://t.co/NsO1HWH18B) – Yahoo!ニュース https://t.co/ORNxaiXlDa
2019/01/23 12:28
@kokorobiyou
2019年本屋大賞ノミネート10作!『さざなみのよる』木皿泉https://t.co/zvFPcRwFbX
2019/01/23 12:16
@monokaki_jp
RT @arimayoco: (ちなみにありたは木皿泉さん、ドラマ脚本の頃から大好き……こっそりもう1記事貼っておきます……)"『昨夜のカレー、明日のパン』は、こんな風に想像力を展開できたら……と思わず願ってしまう、凄まじいまでの優しさに支えられた小説です"https:/…
2019/01/23 12:16
@monokaki_jp
RT @monokaki_jp: 【本屋大賞ノミネート!】木皿泉さんは、前作が2014年の本屋大賞で2位でした。木村綾子さんのレビューです。"それぞれに悲しみを持ちながら、しかし大げさに同情しあうでもなく(…)優劣をつけるでもなく、ひとりびとりの持ち物として生き死にを、ただ…
昨夜のカレー、明日のパン(木皿 泉 )・・・・・あたたかい気持ちになれる本です→ https://t.co/p0kIGxtfWw @さんから

情報収集日:2019年01月24日 19時53分11秒
2019年『本屋大賞』ノミネート10作が決定 三浦しをん、伊坂幸太郎、森見登美彦など1/22(火)
また、森見登美彦さんは4度目、木皿泉さん、知念実希人さん、深緑野分さんは3度目、平野啓一郎さん、瀬尾まいこさん、小野寺史宜さん、芦沢央さんは初のノミネートとなった。
『本屋大賞』候補に木皿泉、森見登美彦、三浦しをん、伊坂幸太郎らの10作品1/22(火)
候補作品の選出するための1次投票には全国493書店、書店員623人の投票があったとのこと。大賞発表は4月9日を予定している。
佐藤健が“若手有望株のひとり”から脱却したターニングポイントは?<てれびのスキマ>2018/12/2(日)
大河ドラマ「龍馬伝」(NHK総合S)で岡田以蔵役に抜擢され、木皿泉脚本の「Q10」(日本テレビ系)では主人公の平太を演じた。どちらも、ドラマファンを釘付けにする好演だった。その主演にも起用された。
Perfumeを“主演女優”に選んだ理由「1年かけて口説き落とした」テレ東プロデューサーに聞く2017/3/31(金)
をプロデュース」などを手がけてきた木皿泉さん。Perfumeの出演が決まってから、彼女たち3人の個性を踏まえて、ドラマを作り上げました。
PerfumeがTVドラマ初主演へ テレ東が一年かけて口説き落とす【3人のコメント全文】2017/2/28(火)
をプロデュース」「セクシーボイスアンドロボ」「Q10」などを手がけてきた木皿泉氏が担当した。


トレンドニュースランキング

Amazon「健康・美容」の今日のベストセラー
スキンケア・基礎化粧品
ヘアケア・スタイリング
ボディケア
メイク・ネイル
香水
アロマ・お香
男性化粧品

 

posted by wanted at 10:57 | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonビジネス(無料)で、事務の仕事を軽減!!

トレンドニュースランキング