Amazon Prime Video は豊富なコンテンツでお得!

2019年10月20日

ジャン=リュック・ゴダール

[PR]
フランスでは、ジャン=リュック・ゴダールがマルクス主義への傾倒から、絶対者としての監督という立場をとらない、平等な製作方法をとるジガ・ヴェルトフ集団を形成したように、高畑監督もまた、ここでそのような試みに近い方法を試したのかもしれないとのことです。
ジャン=リュック・ゴダール (Jean-Luc Godard, 1930年12月3日 - ) は、フランスの映画監督。はじめ映画批評家として出発したが、『勝手にしやがれ』(1959) ほかの作品でトリュフォーやシャブロルと並ぶヌーヴェルヴァーグの旗手とみなされるようになり、独創的なカメラワークや大胆な編集技法によって映像表現の世界に革命をもたらした。以後、ほぼ年に2本のペースで問題作を発表しつづけており、その多作と注目度の高さから、20世紀の最も重要な映画作家の一人とも称されるwikipediaより
ジャン=リュック・ゴダール新作『イメージの本』日本版予告公開&初日決定 - CINRA.NET(シンラドットネット)2019年3月7日
ジャン=リュック・ゴダール監督の最新作『イメージの本』の公開日が4月20日に決定。あわせて日本版予告編が公開された。『第71回カンヌ国際映画祭』スペシャル・パルムドールを受賞した同作は、暴力、支配、不和に満ちた世界に対する「怒り」を、絵画や映画、文章、音楽をコラージュして表現。
(プレミアシート)「帰れない二人」 筋通す女、流される男 - 朝日新聞2019年9月13日
1997年。ジャ・ジャンクー27歳の長編デビュー作は「一瞬の夢」。大きな衝撃を受けた。59年、29歳のジャンリュック・ゴダールが撮影していた「勝手にしやがれ」と同質の痛さがあった。政治と経済が激動する中国社会、その底辺に生きるアウトローをジャ・ジャンクーは描き続ける。
孤独の王様、ゴダール最新作「イメージの本」を菊地成孔が紐解く 〈私たちに未来を語るのは“アーカイヴ”である ジャン=リュック・ゴダール〉 - Mikiki2019年5月14日
孤独の王様ジャン=リュック・ゴダール最新作『イメージの本』私たちに未来を語るのは“アーカイヴ”である──ジャン=リュック・ゴダール「次回作に関するデマ」という最後の想像界今、SNSによるエビデンス社会で孤塁を守っているクリエイターはゴダールしかいませんし、ゴダールが死んだらもう誰もいないでしょう。
ジャン=リュック・ゴダール監督映画『イメージの本』19年GWに公開へ - Fashion Press2018年12月4日
映画監督ジャン=リュック・ゴダールの最新作『イメージの本』が、2019年4月20日(土)に公開される。齢88にして現役、ジャン=リュック・ゴダール最新作『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』『はなればなれに』など、数々の名作を世に送り出してきたヌーヴェルヴァーグの巨匠、ジャン=リュック・ゴダール。
「ディアローグ デュラス/ゴダール全対話」 マルグリット・デュラス×ジャン=リュック・ゴダールの対話を収録した書籍 - Mikiki2019年5月7日
2019.05.07ゴダールの新作「イメージの本」が公開された。このゴダールが〈オフの映画〉を撮る作家と呼ぶデュラスとの三回に及んだ対話を収録したのがこの本、「ディアローグ デュラス/ゴダール全対話」だ。
『イメージの本』、88歳ゴダール〈最後の映画〉 - 藤崎康|論座 - 朝日新聞社の言論サイト - 朝日新聞社2019年6月7日
88歳を迎えたジャン=リュック・ゴダール監督(仏)。彼が4年がかりで完成させた新作『イメージの本』は、観客の視聴覚をひっきりなしに惑乱するような、斬新で美しいフィルムだ。何より、様々な映画、テキスト/文章、絵画、音楽の断片が引用され、コラージュ(切り貼り)される情報量がすさまじい。
ゴダールってどんな人? 大阪でジャン=リュック・ゴダール監督解説イベントが開催 - キネプレ2019年4月24日
ゴダールってどんな人? 大阪でジャン=リュック・ゴダール監督解説イベントが開催。
ゴダールからアンナ・カリーナまで、多彩なインタビューで“映画作りの秘密”に迫る (2019年9月27日) - エキサイトニュース2019年9月27日
『山田宏一映画インタビュー集 映画はこうしてつくられる』(草思社) 著者:山田 宏一稀代の映画評論家である著者が、まったく無名の人(ルネ・リシティグ=修復・編集、サム・レヴァン=スチールマン・肖像写真家)などから高名なジャン゠リュック・ゴダール(監督)、キム・ノヴァク(ハリウッド女優)などまで、50年にわたって多彩な映画人に取材したインタビュー集。
「気狂いピエロ」「勝手にしやがれ」ゴダール監督作2本を早稲田松竹で上映 - ナタリー2019年3月15日
「ジャン=リュック・ゴダール監督特集」が、明日3月16日から22日まで東京・早稲田松竹で開催される。この企画では「気狂いピエロ」と「勝手にしやがれ」を2本立てで上映。「気狂いピエロ」は、35歳のジャン=リュック・ゴダールが長編10作目として発表した作品で、ジャン=ポール・ベルモンドとアンナ・カリーナが共演した。
香港のイタリアン「AMMO」がフュージョン料理 日本料理を融合、期間限定で - 香港経済新聞2019年9月27日
金鐘(Admiralty)にあるイタリア料理の店「AMMO」(Lower Level, Asia Society Hong Kong Center, 9 Justice Drive, Admiralty, Hong Kong TEL 2537 9888)が9月11日、イタリア料理と日本料理を組み合わせたフュージョン料理の提供を始めた。

ジャン=リュック・ゴダール」でTwitter検索

2019/10/12 23:51
@shobutsuchiya
RT @cccp2017: 『中国女』(1967年)ジャン=リュック・ゴダール監督。文化大革命に影響を受けたフランス人の若者達を描く。視覚的にソ連を批判する部分が多く、当時ソ連で公開はされなかった。#マオイズム#フランスhttps://t.co/JsYW3siHkN
2019/10/12 14:24
@Ropinson_Bot
[芸パネ]映画『勝手にしやがれ』や『気狂いピエロ』で有名なフランスの映画監督はジャン=リュック? A.ゴダール
2019/10/12 12:21
@miduki_neko
あきらかに溝口、黒澤の世界ではなくなってきてる気がする。一周回って小津安二郎とか鈴木清順「ツィゴイネルワイゼン」とかあの辺……キューブリックというよりはリドリー・スコット、ジャン・リュック・ゴダール……
RT @MadeInHongKong4: 香港ニューウェーブ編パトリック・タム監督二作目《愛殺》1981、ブリジット・リンが演じるIvyと張國柱が演じる殺人魔の間を巡る物語。映画の暴力美学と色の使い方が見所、赤白青を使い、ジャン・リュック・ゴダール監督の色彩応用に似てると思い…
2019/10/12 00:34
@MadeInHongKong4
香港ニューウェーブ編パトリック・タム監督二作目《愛殺》1981、ブリジット・リンが演じるIvyと張國柱が演じる殺人魔の間を巡る物語。映画の暴力美学と色の使い方が見所、赤白青を使い、ジャン・リュック・ゴダール監督の色彩応用に似てる… https://t.co/fVg7CTFxot
2019/10/12 00:21
@geitadekinai
フランソワ・トリュフォー監督の映画○:ピアニストを撃て、華氏451、アデルの恋の物語、日曜日が待ち遠しい! ×:勝手にしやがれ、右側に気をつけろ(ジャン=リュック・ゴダール)、去年 マリエンバートで(アラン・レネ)(16%)
ジャン=リュック・ゴダールとかああいうのに至る流れが大嫌いだったんだね、ニーチェ、ってわかるよね。
この映画監督は要チェック「ジャン=リュック・ゴダール」
2019/10/10 23:20
@tomonodokusho
RT @osusumeme: ジャン=リュック・ゴダール の イメージの本 コレクターズ・エディション [Blu-ray] を Amazon でチェック! https://t.co/CGW6C2mJf2
ジャン=リュック・ゴダール の イメージの本 コレクターズ・エディション [Blu-ray] を Amazon でチェック! https://t.co/CGW6C2mJf2
2019/10/10 22:15
@buriki_k_bot
映画の名匠って言われたら、ジャン・リュック・ゴダール、フェデリコ・フェリーニ、ルイ・マルだろう。
ジャン=リュック・ゴダール監督 ジャン=ポール・ベルモンド主演 マフィアからの逃避行 ダイナマイト→『気狂いピエロ』/『勝手にしやがれ』/『夜と霧』/『二十四時間の情事』
2019/10/10 13:55
@nihonzaijuu
RT @wasedashochiku: フランスを代表する作家フィリップ・ガレル監督の中期の代表作2本と、今年1月に逝去したアメリカ前衛映画界のレジェンド、ジョナス・メカス監督の2作品を日替わりで上映。さらに特別レイトショーで、映画界の生きる伝説ジャン=リュック・ゴダール監督の…
2019/10/10 13:42
@dove_child
RT @asaakim: フランス・ギャルと言えば、かのジャン=リュック・ゴダール監督が撮ったミュージック・ヴィデオがあるのですが、え、これでよかったの、これって………?と思われる方続出……。France Gall - Plus haut (Clip) https://t.c
2019/10/10 10:52
@ronnietanaka
RT @asaakim: フランス・ギャルと言えば、かのジャン=リュック・ゴダール監督が撮ったミュージック・ヴィデオがあるのですが、え、これでよかったの、これって………?と思われる方続出……。France Gall - Plus haut (Clip) https://t.c
2019/10/10 09:19
@Jikkenfish
RT @asaakim: フランス・ギャルと言えば、かのジャン=リュック・ゴダール監督が撮ったミュージック・ヴィデオがあるのですが、え、これでよかったの、これって………?と思われる方続出……。France Gall - Plus haut (Clip) https://t.c
2019/10/10 08:58
@cipriani_s
RT @asaakim: フランス・ギャルと言えば、かのジャン=リュック・ゴダール監督が撮ったミュージック・ヴィデオがあるのですが、え、これでよかったの、これって………?と思われる方続出……。France Gall - Plus haut (Clip) https://t.c
2019/10/10 08:42
@rakkosansu
ジャン=リュック・ゴダール Blu-ray BOX Vol.1/ヌーヴェル・ヴァーグの誕生 https://t.co/WsgXUGW0jS
2019/10/10 08:35
@Crossbeat_JP
RT @asaakim: フランス・ギャルと言えば、かのジャン=リュック・ゴダール監督が撮ったミュージック・ヴィデオがあるのですが、え、これでよかったの、これって………?と思われる方続出……。France Gall - Plus haut (Clip) https://t.c
2019/10/10 02:52
@geitadekinai
フランソワ・トリュフォー監督の映画○:ピアニストを撃て、華氏451、アデルの恋の物語、日曜日が待ち遠しい! ×:勝手にしやがれ、右側に気をつけろ(ジャン=リュック・ゴダール)、去年 マリエンバートで(アラン・レネ)(16%)
フランス・ギャルと言えば、かのジャン=リュック・ゴダール監督が撮ったミュージック・ヴィデオがあるのですが、え、これでよかったの、これって………?と思われる方続出……。France Gall - Plus haut (Clip)… https://t.co/OF06bPDv1Y
2019/10/09 14:15
@buriki_k_bot
映画の名匠って言われたら、ジャン・リュック・ゴダール、フェデリコ・フェリーニ、ルイ・マルだろう。
セルジュ・ゲンスブールは音楽も好きだしタバコの吸い方を真似した。ジャン=リュック・ゴダールの映画は何回みても理解できないのに何回も観た。そんな時代あったな
2019/10/08 21:45
@buriki_k_bot
映画の名匠って言われたら、ジャン・リュック・ゴダール、フェデリコ・フェリーニ、ルイ・マルだろう。
2019/10/08 20:36
@go2sleep_ver3
映画『#イメージの本』ジャン=リュック・ゴダール監督の作品。とにかく………わかんない!
2019/10/08 16:01
@kauffer2017
RT @cccp2017: 『中国女』(1967年)ジャン=リュック・ゴダール監督。文化大革命に影響を受けたフランス人の若者達を描く。視覚的にソ連を批判する部分が多く、当時ソ連で公開はされなかった。#マオイズム#フランスhttps://t.co/JsYW3siHkN
RT @cccp2017: 『中国女』(1967年)ジャン=リュック・ゴダール監督。文化大革命に影響を受けたフランス人の若者達を描く。視覚的にソ連を批判する部分が多く、当時ソ連で公開はされなかった。#マオイズム#フランスhttps://t.co/JsYW3siHkN
2019/10/08 15:14
@jacques_to
RT @cccp2017: 『中国女』(1967年)ジャン=リュック・ゴダール監督。文化大革命に影響を受けたフランス人の若者達を描く。視覚的にソ連を批判する部分が多く、当時ソ連で公開はされなかった。#マオイズム#フランスhttps://t.co/JsYW3siHkN
2019/10/08 15:03
@hiroshimodawara
RT @cccp2017: 『中国女』(1967年)ジャン=リュック・ゴダール監督。文化大革命に影響を受けたフランス人の若者達を描く。視覚的にソ連を批判する部分が多く、当時ソ連で公開はされなかった。#マオイズム#フランスhttps://t.co/JsYW3siHkN
2019/10/08 13:40
@Exodus_Solidus
RT @cccp2017: 『中国女』(1967年)ジャン=リュック・ゴダール監督。文化大革命に影響を受けたフランス人の若者達を描く。視覚的にソ連を批判する部分が多く、当時ソ連で公開はされなかった。#マオイズム#フランスhttps://t.co/JsYW3siHkN

情報収集日:2019年10月13日 07時46分45秒
香港のイタリアン「AMMO」がフュージョン料理 日本料理を融合、期間限定で9/27(金)
フランス映画の名将、ジャン=リュック・ゴダールが1965年に公開した映画「アフファヴィル」(日本公開は1970年。店舗面積は1000平方フィートだが、席数は56席。11月30日まで。
カトリーヌ・ドヌーヴ&ジュリエット・ビノシュ来日決定!是枝監督『真実』の“母娘”役9/12(木)
『トスカーナの贋作』(’10)でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞、『GODZILLA ゴジラ』(’14)、『ゴースト・イン・ザ・シェル』(’17)などハリウッドでの活躍も知られる。
『最強のふたり』フランソワ・クリュゼが主演 ジャン・ベッケル監督作『再会の夏』12月公開9/6(金)
フランスで最も権威のあるゴンクール賞受賞者で、国境なき医師団の創設者としても名高いジャン=クリストフ・リュファンによる史実をベースにし、モーリス・ジェヌヴォワ文学賞を受賞した同名歴史小説を映画化した。
“映画作りの秘密”に迫る山田宏一のインタビュー集発売、ゴダールら19人が登場9/1(日)
そのほかマルセル・カルネ、アラン・レネ、ルイ・マル、クロード・ルルーシュ、クロード・ミレール、サミュエル・フラーといった映画監督が登場する。草思社 2019年9月2日(月)発売価格:税込3888円。
高畑勲×宮崎駿『太陽の王子 ホルスの大冒険』の“失敗”が、日本のアニメーションに遺したもの8/27(火)
だが同時に、大塚康生の力を借りながら高畑監督が絵コンテの内容を細かく指示するなど、その演出が細部にまで行き渡っているという特徴もある。ここにおいて、本作の興行的失敗の原因も明らかになってくる。


トレンドニュースランキング

Amazon「健康・美容」の今日のベストセラー
スキンケア・基礎化粧品
ヘアケア・スタイリング
ボディケア
メイク・ネイル
香水
アロマ・お香
男性化粧品

 

posted by wanted at 00:18 | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonビジネス(無料)で、事務の仕事を軽減!!

トレンドニュースランキング