Amazon Prime Video は豊富なコンテンツでお得!

2020年06月27日

日垣隆

[PR]
日垣隆(ひがきたかし、1958年7月30日-)は、ギャンブラー、作家、英語学校経営、トレーダー、ジャーナリスト。少年犯罪を扱ったノンフィクションや、時事問題を扱ったコラムなど幅広い著作で知られる。2012年より英語学校の主宰も始めた。中華人民共和国、イタリア、フランス、大韓民国、台湾、北中南米などで、300点近くのほぼ全作品が翻訳出版されている。有料メルマガは世界で3万2,500部を突破 wikipediaより
TBSラジオVS日垣隆氏 不正流用疑惑巡り激烈バトル - J-CASTニュース2010年9月27日
「TBSラジオが制作費を他番組へ流用している」と指摘する、作家でジャーナリストの日垣隆氏と、「流用」を否定する同局社員が、インターネットのツイッター(Twitter)上で激しくやりやっている。ツイッター以外のネット上でも注目を集め始めた。
私だけの東京・2020に語り継ぐ:作家・西村賢太さん 真冬の芝公園で師を思う - 毎日新聞2019年3月20日
生まれ育ったのは江戸川区の春江町のあたりです。いろいろな作品で触れていますが、長い間足を踏み入れないようにしていたんです。その土地にひょんなことから行くことになったのが6、7年前。母校を訪ねるテレビ番組の企画で、小学5年の時に離れて以来、33年ぶりでした。
【独占】自殺した財務省職員・妻の代理人が胸中告白「訴訟は彼の遺志でもある」 - アエラドット 朝日新聞出版2020年4月1日
公文書改ざんを強要され自死した赤木俊夫さん。この事件の真相を求め提訴した妻の代理人が提訴への思いを語った。AERA2020年4月6日号は、代理人の弁護士に独占インタビュー。【森友問題と赤木さんの関わりはこちら】***多くの記者が詰めかけた記者会見。
矜持に反し文書改ざん赤木さんの遺志は黒塗りできない - ナニワのベテラン走る〜ミナミヘキタヘ〜 - 芸能コラム - ニッカンスポーツ2020年3月29日
森友学園問題の取材を続ける中、「黒塗り」だらけを直接、目にしたのは2度目でした。大阪市の学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当し、その後自殺した財務省近畿財務局の赤木俊夫さん(当時54)が、佐川宣寿(のぶひさ)元国税庁長官(62)の指示で決裁文書改ざんを強制されたなどとして、赤木さんの妻が、国と佐川氏に計約1億1000万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴しました。
私だけの東京・2020に語り継ぐ:俳優・濱津隆之さん 原点は新宿・ケイズシネマ - 毎日新聞2019年3月6日
昨年6月に公開が始まった「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)は、品川区にある映画・演劇の学校「ENBUゼミナール」のこぢんまりとした一室から動き出した映画です。無名の俳優たちが演じた低予算の映画。
大桃美代子から不倫告発された麻木久仁子 離婚後はモテモテ - NEWSポストセブン2010年12月22日
<今年嬉しかった事は、Twitterを始めて色々な方と出会えたこと。ショックだったのは、元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかったこと。先輩として尊敬していたのに、ショック。どうして。辛い>12月19日の深夜、本人のものとみられるツイッターにこうつぶやいたのはタレントの大桃美代子(45)。

日垣隆」でTwitter検索

日垣隆『敢闘言』文春文庫 ひ-12-3 p より初出は『エコノミスト』1994年月日号「クレーム爺さんの敵」月2回刊誌『ダカーポ』で「クレーム爺さん奮闘記」を連載した高橋健而老を指す見てわかる通り、とにかく名乗りたがらない… https://t.co/eACOzJkiq6
2020/06/26 05:22
@gensou_sukima
食べて応援 日垣隆 https://t.co/sjK9XYF7Bb
2020/06/26 05:20
@take_judge
RT @8getter: 日垣隆『敢闘言』文春文庫 ひ-12-3 114p より初出は『エコノミスト』1994年11月1日号「武士の情けで名を……」やっと思い出した吾人が使っている「武士の情けで敢えて名は秘すが〇〇である」はここからお借りしたものその後、同社の常務か…
日垣隆『敢闘言』文春文庫 ひ-12-3 114p より初出は『エコノミスト』1994年11月1日号「武士の情けで名を……」やっと思い出した吾人が使っている「武士の情けで敢えて名は秘すが〇〇である」はここからお借りしたもの… https://t.co/Z8zkri8QHM
日垣隆『敢闘言』文春文庫 ひ-12-3 112p より初出は『エコノミスト』1994年10月25日号「佐高信の憎めぬ幼児性」佐高さんがなぜ長谷川さんを嫌悪しているのかはわからないのだが、他人の風貌にケチをつけるのは感心しない… https://t.co/PydhqnpV7A
日垣隆『敢闘言』文春文庫 ひ-12-3 110p より初出は『エコノミスト』1994年10月11日号「有用微生物群」「相当慎重なつもりの私」と述べられているその口でダイオキシンや環境ホルモンがどうのこうのと言われても説得力… https://t.co/r9emgZAPuX
日垣隆『敢闘言』文春文庫 ひ-12-3 104-105p より初出は『エコノミスト』1994年9月13日号「恨みの晴らし方にも知性と品格」鎌田さんは著書で日航について掘り下げていたが、客室乗務員のこの件には触れていなかった… https://t.co/E7Gi4YZOQo
日垣隆『敢闘言』文春文庫 ひ-12-3 94p より初出は『エコノミスト』1994年7月12日号「踏み絵としての主義」その江田三郎は社会党を離党、代表的な市民運動家の一人である管直入とかいう人と手をつないで社会市民連合を結成… https://t.co/qDB7dt4s7k
日垣隆『敢闘言』文春文庫 ひ-12-3 81p より初出は『エコノミスト』1994年5月3日・10日合併号「北朝鮮で見た軍事訓練」モデル家屋にモデル家族であるいずれも中身のない空っぽの存在である社会主義国家が張りぼてで他… https://t.co/jju4TIgauP

情報収集日:2020年06月26日 05時32分48秒


トレンドニュースランキング

Amazon「健康・美容」の今日のベストセラー
スキンケア・基礎化粧品
ヘアケア・スタイリング
ボディケア
メイク・ネイル
香水
アロマ・お香
男性化粧品

 

posted by wanted at 16:55 | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonビジネス(無料)で、事務の仕事を軽減!!

トレンドニュースランキング