Amazon Prime Video は豊富なコンテンツでお得!

2020年07月12日

埴谷雄高

[PR]
埴谷雄高(はにやゆたか、1909年(明治42年)12月19日-1997年(平成9年)2月19日)は、日本の政治・思想評論家、小説家。本名般若豊(はんにゃゆたか)。台湾の新竹に生まれる。子供の頃から身体が弱く、常に死を身近に感じていたという。子供心に台湾において「支配者としての日本人」を強く意識し、罪悪感を覚えていた。青年期に思想家マックス・シュティルナーの主著『唯一者とその所有』の影響を受け、個人主義的アナキズムに強いシンパシーを抱きつつ、ウラジーミル・レーニンの著作『国家と革命』に述べられた国家の消滅に一縷の望みを託し、マルクス主義に接近、日本共産党に入党し、もっぱら地下活動(農民団体「全農全会派」のオルグ活動)に従事し、思想犯取り締まりのため1932年に逮捕された wikipediaより
埴谷雄高からの転向 - ハフィントンポスト2015年11月23日
若い頃の一時期、私は激しく埴谷雄高の『死霊』に憧れた。そして、その存在のありように自分を同一化させたいと思った。その思考と言葉がもつ重みと力に、徹底的に感応すること、そこに示されていると感じた精神の高みを自分のものとすることを望んだ。
松田政男氏が死去 映画評論家 - 日本経済新聞2020年3月20日
松田政男氏(まつだ・まさお=映画評論家)3月17日、肺炎のため死去、87歳。しのぶ会を後日開催する予定。出版社で埴谷雄高や吉本隆明らの著書を編集。「テロルの回路」「風景の死滅」などの著作を残した。
たった20分で視力1.5に…白内障手術が遂げた「スゴい進化」 | 富裕層向け資産防衛メディア - 幻冬舎ゴールドオンライン2020年6月10日
いまや白内障手術は「安全であること」が当たり前になっていますが、実は約30年前までは、白内障手術は今よりはるかに困難で、非常に原始的で危険な方法がとられていました。今回は、『「見える」を取り戻す白内障手術』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、近代における白内障手術の変遷について紹介します。
読書日記:著者のことば 山田稔さん 過去との対決重ね - 毎日新聞2019年8月20日
山田稔自選集1山田稔(やまだ・みのる)さん編集工房ノア・2484円 端正な文体で、日常のささやかな光景を描く作品で知られる。プロの文章家にも根強いファンが多い。そんな1930年生まれの作家が、半世紀を超える文業の中から「エッセー風のものだけ」で編む自選集(全3巻)の1巻目が出た。
心込めて40年、1万5000冊 装丁家・菊地信義さん、手に取らせる“顔”作り - 毎日新聞2020年2月12日
本の顔ともいうべき装丁。身近にありながら、どんな仕事なのかは意外と知られていない。これまでに約1万5000冊を手がけた装丁家、菊地信義さん(76)=神奈川県鎌倉市=が1月、トークイベントに参加するため大阪を訪れた。
芥川賞落選6回、「永遠の青二才」の青春私小説 - ニコニコニュース2020年4月14日
作家で法政大学国際文化学部教授の島田雅彦氏の自伝的青春<私>小説と銘打った本書『君が異端だった頃』(集英社)が、滅法面白い。幼少期から多感な青春時代、鮮烈なデビューとその後の苦闘。中上健次ら戦後を代表する文学者たちとの愛憎劇まで盛り込まれ、昭和と平成の生きた「文学史」の趣すらある。
【佐々木俊尚コラム:ドキュメンタリーの時代】「つつんで、ひらいて」 - 映画.com2019年12月31日
ひとりの男が机の前に座り、紙をくしゃくしゃと丸めている。紙には「酒と戦後派」とプリントされていて、くしゃくしゃにすると文字がかすれ、ひびが入る。それをコピーし、男は「お、行けそうだ」とうなずく。この冒頭のシーンから、いきなり引き込まれる。

埴谷雄高」でTwitter検索

2020/07/10 06:31
@nazotoki2012
埴谷雄高『死霊』七章ぷふい!空間と時間。
2020/07/10 06:30
@nazotoki2012
埴谷雄高『死霊』七章この生のなかには二つの型がある。この生と存在の暗い秘密をただただ解くためにのみ生きているものと、死ぬまで生きているから生きているものとの二つの型だ。
2020/07/10 06:27
@nazotoki2012
埴谷雄高『死霊』七章いいかな、「私とは何か。」となど問うのではなく、さてさて、君はついにこう問わねばならぬのだ。「何が私であるのか。」と……。
2020/07/10 06:26
@nazotoki2012
埴谷雄高『死霊』七章おお、私とは何か!
2020/07/10 06:24
@nazotoki2012
埴谷雄高『死霊』七章おお、イエス、お前は飢えている。つねに飢えている。飢えこそがお前の本質だ。
2020/07/10 06:23
@nazotoki2012
埴谷雄高『死霊』七章過去と未来の全宇宙のすべての力を備えてしまった宇宙者の彼が、もし永劫の虚無のなかで何ものかにでも囁くように最初の一語を微かにでも発すれば、それはまた同時に、怖ろしい窮極の破局の一語までも必ずついに述べつくしてしまわねばならなかったからです。
2020/07/10 06:19
@nazotoki2012
埴谷雄高『死霊』六章まあ、暗黒速、ですって?
2020/07/10 06:18
@nazotoki2012
埴谷雄高『死霊』六章何かを生涯ぼんやり考えている男のひとは、いつまでたっても、女のひとを愛せないのでしょうか……?
2020/07/10 06:17
@nazotoki2012
埴谷雄高『死霊』六章というと、貴方の古くからの知り合いのそのひとの名はいったい、なんというんですの……?《愁いの王》、です。

情報収集日:2020年07月10日 06時34分21秒


トレンドニュースランキング

Amazon「健康・美容」の今日のベストセラー
スキンケア・基礎化粧品
ヘアケア・スタイリング
ボディケア
メイク・ネイル
香水
アロマ・お香
男性化粧品

 

posted by wanted at 03:57 | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Amazonビジネス(無料)で、事務の仕事を軽減!!

トレンドニュースランキング